スタビライゼーションスプリント治療

顎関節症に対するスタビライゼーションスプリント治療

お口が開きにくい、食事をすると顎がだるい•痛いなどの顎関節症状に対し、咬合理論に基づいた診断とスプリント治療と咬み合わせの調整を行います。

スタビライゼーションスプリントの特徴と作用

上顎あるいは下顎の歯列全体を被覆し、左右均等な咬合接触を付与します。
そうすることで、歯の早期接触や咬頭干渉の除去、咀嚼筋の緊張、顎関節の荷重負担を軽減します。

・歯の早期接触の解消
・咬頭干渉の除去
・咀嚼筋の緊張を軽減
・顎関節の荷重負担を軽減