快眠歯科(いびき•無呼吸)

ひとつでもあてはまる場合は、『睡眠時無呼吸症候群』の恐れがあります。

✔ いびきをかく

✔ 寝起きが悪い

✔ 昼間の眠気がひどい

✔ 起床時に頭痛がする…

睡眠時無呼吸症候群は心筋梗塞などの心疾患や脳卒中を引き起こすリスク(健康な人と比べて2~4倍)の高い疾患であると知られています。 さらに衝撃的なのは重症患者の4割が8年以内に死亡しているという事実です(アメリカの研究報告より)。 治療法はCPAPなど呼吸補助装置の使用が効果的ですが、重度の無呼吸でないと医療保険での使用は出来ないのが現状です。しかしCPAPが使用できない軽度から中程度の無呼吸患者においても心疾患のリスクは同様に高いため、近年歯科的なアプローチによるスリープスプリントの使用が注目されています。

『SICAT Air』で気道拡張を確認

当院での睡眠時無呼吸症候群の治療は、歯科用CTによる気道容積の測定をもとにCAD/CAMにより作製する違和感の少ないスリープスプリント『OPTI SLEEP』(ドイツ製)をご提供します。 保険診療のスリープスプリントは安価ですが上下の顎を固定してしまい、装着自体がストレスとなることがあります。しかし『OPTI SLEEP』は上下分離型であるため装着感が非常に良く、耐久性の高い素材で出来ています(2年保証)。 また自由診療のため、医科での精密検査結果に基づく診療情報提供書の必要がありません(内科受診はお勧めしております)
CPAP療法(保険診療)の場合、毎月医療機関の受診と約5,000円(60,000円/年)の医療費負担が必要となります。
CPAPを4年以上継続する場合、『OPTI SLEEP』の方がコストは安いです。

高耐久性の『OPTI SLEEP』

良い睡眠は心身のメンテナンスの時間です

*細胞の再生と修復
*免疫力の向上(ガンの予防につながります)
*ストレス物質や認知症原因物質の除去(認知症の予防につながります)

*交通事故を起こす危険が低下
*日中のパフォーマンスが飛躍的にアップする